lifestyle

64歳の母、運転免許返納。証明書とは?

母64歳で免許返納。その後は?

 

母が免許の返納手続きをしてきました。
実際運転してなかったし、なくてよくない?って50歳くらいから言ってはいたのですがやっと返納することに。

今回私の周りでは初めての免許返納者なのでこれは記事にしたい!と思いました。

 

母が運転免許証を返納しました

通常の運転免許証

 

今年で64の母なのですが、今年ちょうど免許の更新だったらしいのでそのまま運転免許証の返納をすることにしました!
母が免許を取得したのは30歳頃の話。
なので34年くらい?の運転免許証に終止符を打つ形になりました。

(写真の免許証は私のです。笑)

 

母は30年ゴールド免許(要はペーパードライバー)

 

実家でファミリーカーとして所有していた車が

  • カリブ
  • オデッセイ
  • ストリーム

でした。
母はカリブだけちょこっと運転したようですが、そのまま運転が怖くなってしまったようでそれ以降運転免許証はただの身分証明書へ。笑

というのも、まだ子どもができる前に免許を取得して夜中に車の台数が少なくて道が広いという理由で金沢八景付近で運転の練習をしていたそうです。笑
横浜市の人は知っている人も多いと思いますが、あそこって平坦で道も広いしずっとストレートな道なので飛ばす車も結構多いんですよね。

そんな早い車に煽られたのがトラウマになって運転できなくなっちゃいましたw

 

64だし返納が決まりました

 

結局30年も運転してないし家族で運転できないのは気付いたら母だけに。
実家での車の所有は父なのでもちろん父は運転できます。
で、兄は仕事で車を使うので運転できます。
私は「悪そうなやつらは大体友達」系なので 笑
免許を取得してからずっと運転しています。

だから今ぶっちゃけ母が免許を持つ意味ってないんですよね。
なので返納することに決まりました。

 

免許返納後もらえる証明書とは?

 

さて、免許を返納するとどんなことがあるのかってことですよね。
免許を返納するととても免許証に似た身分証明書が発行されます。(もちろん運転はできませんよ!

実際に発行された身分証明書がこちら。

免許返納した後の証明書

とても運転免許証に似てますよね!笑
でわ、運転免許証の返納する意味やメリットを簡単に説明していきますね。

 

証明書を発行するメリット

 

結局母のような人は免許の返納は早いに越したことはないのですが、免許を更新する時ってドライバーにもよりますが必ず3000円以上のお金がかかりますよね。
しかも最低で5年単位で。

免許の返納をした場合、その時点から更新要らずになります。
なので運転をしない人は更新するよりも圧倒的に返納したほうがコスパ良しです。

実家は横浜市なのであくまで横浜市(神奈川県)で受けられる制度なのですが

  • 購入商品の割引、自宅まで無料配送
  • 宿泊料金などの利用料金割引

といった、車のない生活のサポートをしてくれるサービスを利用することができます。
神奈川県は都会でありながら田舎でもあるので観光名所なんかもありますしね!

老後を楽しく過ごす一つの方法だなって思います。

 

手数料はかかるよね

 

まぁそんな特典も付いてくるのでもちろん運転免許証の返納後に貰える「運転経歴証明書」の発行には手数料がかかります。
2020年2月現在で1100円。
でも更新するより圧倒的に安く済むんですよね。
運転しない人、自主返納を考えている人、どちらにもメリットがあるなと思います。

[ad]

でも免許返納おすすめだわ!

 

結論、自主返納はするべき!と思いました。
例えば最近ニュースでもよく聞く高齢者ドライバーの事故。
命の危険があるのはもちろんですが、その事故を起こしてしまうと免許の返納はできなくなります。
私の父も今年免許の更新ですが父は更新するようです。(仕事上)
ですが、父の運転も昔に比べて急ブレーキが増えたなとは思います。
なので70歳くらいを目処に返納の提案をしてみようかなと私は考えております。

是非読者様ご自身、もしくはご両親で免許の返納をしていない人がいたらメリットを伝えた上で免許を返納してみない?なんて提案してみてはいかがでしょうか。

お風呂掃除はウタマロクリーナーと除菌アルコール78
実家のお風呂場、綺麗に見えて実は汚い。→大掃除しますうちの実家、まぁまぁ汚いんですよ。 汚部屋と言うよりは物がとにかく多いのがメインですがね。笑 そのまぁまぁ汚い実家の汚いところを...

 

ABOUT ME
kimi
♡kimiについて♡ 適当ブロガー 生活系 旅行 youtube Instagram、Twitter お好きなスタイルで視聴してくだされ♪ 詳しくはこちら
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。