lifestyle

第2波も予想されている・・・アルコール除菌の見直し

今の時代、除菌や殺菌は生活必需品になってますよね。
実は除菌や殺菌だけじゃなく掃除にも食品の消毒にも使えて結構万能なんですよ!
なので我が家ではなるべく切らさないように頑張ってます。
出先で必ずあるか確認してます。(笑)

今回はそんな除菌系の記事を結構すれすれで書いてみました。
参考になると幸いです。

第2波が予想されているからこそ見直したい除菌

今時代は「除菌・殺菌・滅菌」時代。(笑)
こんな時代だからこそ見直したい除菌アイテムについて。

我が家でもある程度の除菌はしております。
もちろん完璧ではありませんが、自分のできる範囲は頑張っております(‘_’)!
今回はそんな我が家の除菌アイテム、使い方等ご紹介しようと思います。

まずアルコールスプレー

アルコールスプレーはいろんな場所を除菌できる万能アイテム。
70%以上のアルコール度数なら色々な菌の除菌ができるので70%以上の物がおすすめ
私は中でも安くて大容量なので業務スーパーの物を購入しております。

アルコール除菌スプレーは除菌だけじゃなく掃除にも最適。
因みに

  • お風呂の天井
  • カーテンレールの掃除
  • コンロ周りの掃除
  • テーブルの掃除

等に使えます。
こびりついた油汚れにもしっかりアプローチしてくれるのでかなり万能アイテムです!

このご時世、手に入りにくい時期もあると思いますが、除菌・掃除にも万能なアルコールスプレーは1本所持していたいですね。

続いて除菌ジェル

アルコールジェルはもはや今では一家に一本。
我が家でももちろん常備しております。
実はこのアルコールジェル安いんですよ!
なのに効果は良いと評判は良いようです♪

私が使っている除菌アイテム3種

私が家で使っている除菌系アイテムは3つ。
とりあえずこの3つがあれば安心かな?と思っております。
今ではいろんな情報も飛び交ってますが、この3つがあればとりあえずは大丈夫でしょ!って感覚でいます。

今はこの3つでいますが、時代に合わせて変わっていくかもしれませんね。
ただ掃除の面も合わせて考えると外せないアイテムですね!

1.除菌アルコール78

アルコールスプレーも大分もとに戻りつつありますね。
私は前から業務スーパーの除菌アルコール78一択です。
なんせ安い!そして大容量!
食品添加物なので口に入ってもOKなアルコールなのでどこにでも使えるのが良いポイント。

我が家では

  • 食品関係の物
  • 除菌したい場所
  • 掃除場所

に使用しております。
掃除には特に重宝しておりまして、油性汚れの部分・水を使いたくない場所の掃除にぴったりなのです。
掃除しつつ除菌もできるので一石二鳥!
一時在庫を切らしていたのでとっても不便でした( ;∀;)

2.ハンドジェル



このアルコール除菌ジェルは私が働いていた職場で使っていたアルコールジェル。
ハンドジェルに関してはすぐに馴染んでしまうものよりも手にとどまるくらい濃厚なものが除菌効果が高いようです。

このジェルは安いのですが、手にとどまるくらいの濃度で手の除菌にうってつけなアルコールジェルです!

国内メーカー提供のアルコールハンドジェル!

3.アルカリ電解水

アルカリ電解水「水の力」購入しました

これはアルカリ電解水なので今まで紹介したアルコールではないのですが、アルコールスプレーの代用品として重宝しておりました。
殺菌・除菌力申し分なし、掃除力も申し分なし!
ということで、アルコールスプレーの在庫がなかった時にアルカリ電解水を使用していました。
アルコールみたいにすぐ揮発してはくれないのですが、効果的にはほぼ一緒だったので代用にはちょうど良かったです。

次亜塩素酸も良いですが、次亜塩素酸は掃除向きではないので私的にアルカリ電解水でいいかな?って次亜塩素酸は見送りました。

 

あと次亜塩素酸を揃えれば完璧!

 

一番いいと言われてるのは次亜塩素酸ですが、第1波の時はこの3つで乗り切りました。
次亜塩素酸は2波の様子で購入予定です。
やっぱり病気になるのは怖いですからね!

何より掃除に活躍できるアルコールスプレーとアルカリ電解水は欠かせないですね。最高です。
私は今部屋干しが多い時期なのでアルコールスプレーバンバン使用中。(笑)
部屋干し臭にも効果があるので在庫切れはホントイタイですね。

アルカリ電解水の浮気、水の力買ってみました
掃除にも除菌にも!アルカリ電解水浮気しました。 掃除マニア的にきっと大好きなアイテムアルカリ電解水。 今除菌スプレーが手に入らないので代用品として意外と使われてないんだなーと...

 

 

ABOUT ME
kimi
♡kimiについて♡ 適当ブロガー 生活系 旅行 youtube Instagram、Twitter お好きなスタイルで視聴してくだされ♪ 詳しくはこちら
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。